• 印刷
令和2年4月1日

1.はじめに

國立研究開発法人情報通信研究機構(以下「機構」という。)は、情報通信分野を専門とする公的研究機関としての社會的な使命を認識し、個人のプライバシーを尊重しつつ、個人情報(獨立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59號。以下「獨法等個人情報保護法」という。)第2條第2項に定義されたものをいう。)、及びパーソナルデータ(個人に関する情報)の適正な取扱いを図るため、本プライバシーポリシーを定めて、その適切な運用に努めます。

2.法令等の遵守

機構は、個人情報及びパーソナルデータの取扱いにあたり、獨法等個人情報保護法など、個人情報やプライバシーの保護に関する國內外の法令等を遵守します。

3.個人情報の取扱い

機構は、獨法等個人情報保護法等の法令及び國立研究開発法人情報通信研究機構個人情報等管理規程に基づき、個人情報を適切に管理します。
(1) 機構は、業務に必要な場合に限り、利用目的をできる限り特定した上で、その範囲內で個人情報を保有します。
(2) 機構が個人情報を取得する場合は、法令に基づく場合を除いて、あらかじめご本人に利用目的及び第三者提供の有無を明示します。
(3) 機構は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得しません。
(4) 機構は、利用目的の達成に必要な範囲內で、保有する個人情報が、過去又は現在の事実と合致するよう努めます。
(5) 機構は、保有する個人情報の漏えい、滅失、毀損などが起きないように、適切に管理します。また、機構が個人情報の取扱いを外部に委託する場合も同様です。
(6) 機構は、法令に基づく場合(獨法等個人情報保護法第9條第2項各號に該當する場合を含む。)を除いて、保有する個人情報を、利用目的以外の目的のために利用したり、第三者に提供したりしません。
(7) 個人情報ファイルの閲覧、個人情報の開示請求など、法令に基づく機構の個人情報保護制度の詳細については、國立研究開発法人情報通信研究機構個人情報保護制度をご覧ください。

4.研究開発業務におけるパーソナルデータの取扱い

機構は、パーソナルデータを用いる研究開発業務を行うにあたり、個人のプライバシーを侵害するおそれがないかを慎重に検討し、必要な場合には適切な措置を講ずるなど、個人のプライバシーを侵害しないように取組みます。
また、研究開発プロジェクトについては、本プライバシーポリシーと連攜して、各研究開発に応じた個別のプライバシーポリシーを制定する場合があります。

5.プライバシーポリシーの更新

本プライバシーポリシーは、事前の予告なく更新する場合があります。機構のウェブサイトにおいて、常に最新のプライバシーポリシーを掲載して公表します。

6.連絡窓口

本プライバシーポリシーに関する問合せは、プライバシーポリシー窓口()までご連絡ください。
ただし、獨法等個人情報保護法に基づき開示等を求める方は個人情報保護窓口までご連絡ください。