本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2019年12月26日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

可動部を有する裝置、及び可動部を有する自律型ロボット裝置
 登録番號
-------------
 概要
6472642(2019年2月1日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 自律型ロボット裝置において、関節等の可動部の可動域が狹く、外力に対して柔軟に応答することが困難であった。本発明では、第1の可動部と、第2の可動部と、第1の可動部を駆動する第1の流體圧アクチュエータを含む第1の駆動部と、第2の可動部を駆動する第2の流體圧アクチュエータを含む第2の駆動部と、第1の流體圧アクチュエータと第2の流體圧アクチュエータとの間で流體を連通させるための流路と、流路における流體の連通狀態を変化させる調整器とを備えることで多様な応答を実現することができる。

無線通信システム
 登録番號
-------------
 概要
6472704(2019年2月1日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複數の通信経路を同時に利用して無線通信を行う無線通信システムにおいて、安定して通信を行える経路において制御信號を送受信するとともに、當該経路も含めた複數の経路を用いて各経路により送受信されるデータ量の割合を調節しつつデータの送受信を行うことで安定した高速通信を可能とする。

空間分割多重化システム用偏光不感セルフホモダイン検出受信機
 登録番號
-------------
 概要
6483279(2019年2月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従來のセルフホモダイン検出(SHD)受信機は、パイロットトーン(PT)の偏光の狀態を位置合わせする機構を含まなければならない。本発明はPTの偏光狀態の変動に不感であるSHD受信機に関する。信號とPTの雙方の直交偏光成分を分離し、PTの偏光位置合わせ上の不整合を信號処理で修正する。

サーバ、サービス方法
 登録番號
-------------
 概要
6490429(2019年3月8日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 暗號化したま復號せずに暗號化されたデータに演算処理を行うことができる準同型暗號を備え、かつ秘匿性を保ちながら暗號データのセキュリティアップデートを可能とする暗號化技術である。

電波反射體
 登録番號
-------------
 概要
6490439(2019年3月8日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 直進性の高い電波を多様な方向へ反射させる拡散反射が可能な電波反射體。目的とする電波の波長λに対応させた拡散反射構造を反射面に形成することで、対応する周波數の電波が反射面に入射されたときに、多様な方向へ反射させることが可能となる。

偏光不感セルフホモダイン検出受信機
 登録番號
-------------
 概要
6490834(2019年3月8日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 従來のセルフホモダイン検出(SHD)受信機は、受信機の入力において偏光ビームスプリッタの偏光軸に著信信號を位置合わせしなければならない。本発明はコヒーレントサブシステムと直接検出サブ システムとを組み合わせ、伝送チャンネルのジョーンズマトリクスの逆行列を検出することにより、偏光軸の位置合わせ機構が不要となる。

ループアンテナの校正方法
 登録番號
-------------
 概要
6521423(2019年5月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 周波數30MHz以下の磁界を測定するために用いるループアンテナを被校正ループアンテナとし、被校正ループアンテナの出力値に基づいて磁界アンテナ係數を決定するループアンテナの校正方法。この方法により、標準磁界発生用ループアンテナに生ずる電界成分が被校正ループアンテナに作用して誤差要因となることを防ぐため、正確な磁界アンテナ係數を求めることが可能となる。

ニューラルネットワーク及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番號
-------------
 概要
6521440(2019年5月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 隠れ層を構成する複數個の隠れ層ユニットの各々が、複數個の入力ノードに重み付きで接続された入力を持ち、活性化関數としてコサイン関數を用いる複數個のCOS素子と、同一の隠れ層內の複數個のCOS素子の出力を重み付きで受けるように接続され、活性化関數として劣微分可能な関數を用いるΣ素子とを含むニューラルネットワークを提供する。

深紫外光を放射する半導體発光素子、該半導體発光素子を備える発光モジュール、及び該半導體発光素子の製造方法
 登録番號
-------------
 概要
6521443(2019年5月10日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 深紫外光を放射するLEDにおいては、光取り出し効率が低いという課題があった。本発明では、LEDの基板の厚さ、光吸収係數に応じた基板側面の角度の最適値を求め、これを採用することで光取り出し効率を向上させることができる。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail:

亚洲精品国产免费无码