• English
  • 印刷

概要

我が國の國際競爭力の強化に貢獻することを基本的な目的とし、國際市場を見據えた標準化戦略等を推進します。NICT研究成果の標準化の促進、産業界の標準化活動との協働など、我が國の標準化活動に貢獻する活動を中立的な立場で展開します。

標準化のトピックス

日付/
掲載元
タイトル 部署等 関連標準化
機関等
2019.10.18.
受賞者
令和元年度産業標準化事業表彰経済産業大臣表彰
IEC/TC103/WG6での國際規格成立への貢獻
テラヘルツ研究センター
テラヘルツ連攜研究室
小川博世
経済産業省
2019.9.24.
お知らせ
製造現場に混在する多様な無線通信を安定化する通信規格の技術仕様策定を完了 ~製造現場の様々な情報の可視化と統合管理を実現~ ワイヤレスネットワーク総合研究センター
ワイヤレスシステム研究室
板谷聡子
FFPA
2019.7.30.
受賞者
IEC1906 Award
光ファイバ無線関連のIEC TC103/WG6ならびにSC86C/WGにおける標準化推進業績が顕著であると認められた。
ネットワークシステム研究所
ネットワーク基盤研究室
菅野敦史
IEC
2019.7.4. WTSA20-1/ASTA-31參加報告 イノベーション推進部門ほか アジア?太平洋電気通信共同體(APT)
2019.7.2.
プレスリリース
國際標準化機関ITU-Tで初の量子鍵配送ネットワークに係る勧告が成立 ~秘匿性の高い量子暗號通信サービスの実用化と普及を加速~ 未來ICT研究所/イノベーション推進部門 ITU-T
2019.5.17.
受賞者
日本ITU協會奨勵賞
國內外におけるRoF技術の普及促進に向け、ITU-T SG15で標準化に取り組み、RoF技術の新規勧告G.RoFの策定に貢獻。
ネットワークシステム研究所
ネットワーク基盤研究室
菅野敦史
一般社団法人日本ITU協會
2019.5.1.
NICT NEWS
時刻?周波數を極める
?時間はここから生まれる!
?未開拓な周波數領域に新しい標準をつくる
 テラヘルツ周波數標準の確立を目指して
?UTCの將來問題(うるう秒論爭)の最新動向
電磁波研究所
花土ゆう子 他
ITU-R 他
2019.4.10.
受賞者
第64回前島密賞
スマートメーター用無線通信システムに関する研究開発?標準化?実用化
児島史秀
原田博司
公益財団法人通信文化協會
2019.3.1.
NICT NEWS
暗號技術の最前線
?安心?安全なデータ利活用を目指して
?耐量子計算機暗號の開発及び標準化
サイバーセキュリティ研究所
セキュリティ基盤研究室
盛合志帆 他
米國立標準技術研究所(NIST)、
CRYPTREC
2019.2.7.
プレスリリース
世界で初めて光時計が直近の協定世界時の一秒の長さを校正 ~國際度量衡局がNICT光格子時計による歩度評価を採用~ 電磁波研究所
時空標準研究室
蜂須英和
國際度量衡局(BIPM)
2019.1.29.
プレスリリース
世界初、90GHz帯を用いて時速240kmで走行する列車と地上間で毎秒1.5ギガビットのデータ伝送に成功 ネットワークシステム研究所
ネットワーク基盤研究室
菅野敦史
川西哲也
山本直克
ITU-R